会社情報
会社情報 > 見附ガス化学工場

見附ガス化学工場

概要

当工場は、石油資源開発株式会社が新潟県見附市葛巻地区で発見した見附油田より産出する天然ガス中の水分の除去および液化石油ガス(LPG)を製造する目的で建設されました。

1961年(昭和36年)に建設に着手し、翌年6月から天然ガス処理能力30万m3/日規模のプラントとして操業を開始しました。

その後、吉井ガス田および片貝ガス田が開発されたことに伴い、処理能力を増強し、現在では120万m3/日で操業しております。

1966年(昭和41年)には化学用途向けのイソペンタン、ノルマルペンタンの製造を、1976年(昭和51年)にはイソブタン、ノルマルブタンの製造を開始しました。

1987年(昭和62年)には脱イソペンタン塔を新設し、イソペンタンとノルマルペンタンの増産体制を整えるとともに、1995年(平成7年)には脱プロパン塔を更新し、高純度プロパンの製造が可能となりました。

高圧ガス・石油製品・石油化学品の製造

当社製品は天然ガスを原料としています。天然ガスは冷凍装置により-25℃〜-30℃まで冷却されLPG原料が液化します。

液化したLPG原料は精留塔により精製分離され、製品は製品別にタンクに貯蔵されます。

各製品はガスクロマトグラフにより品質及び規格を管理しております。コントロールルームでは24時間体制でコンピューターによる制御や各装置の運転状況を監視しています。

見附ガス化学工場 係員事務所
見附ガス化学工場 係員事務所
  コントロールルーム
コントロールルーム
冷凍装置
冷凍装置
  精留塔
精留塔

 

見附ガス化学工場フローダイヤグラム